チャットレディーをノンアダルトで楽しむ方法

コロナウィルスで外出自粛となった2020年より、女性の間ではチャットレディーの仕事が人気を呼んでいます。これはスマホを使ってすきま時間にできる副業ですから、主婦や働いている女性でも安心です。

しかし、チャットレディーと言えばアダルトなのではないかと不安に思う人もいるのではないでしょうか。実は、チャットレディーはアダルトとは限らず、ノンアダルトでも充分楽しめます。ここではノンアダルトで楽しむ方法を紹介していきます。

ノンアダルトといっても、「私は一切アダルトの話を受け付けません」といった姿勢ではチャットレディーで稼ぐのは難しいかもしれません。
このような仕事だからこそ、下ネタなどには多少理解を示す必要がありますし、性的なことを聞かれる可能性も高いです。

そのたびに「私はノンアダルトですから」と言っていたら、なかなか仕事にならないかもしれません。そのため、確かに写真などで裸を見せる必要はありませんが、アダルトな話題にはある程度の耐性が必要だと言えます。

そのような中で、極力アダルトな話題を避け、チャットレディーとして楽しみたいと思うのであれば、自分がどのような人間なのか、自分の人間性や性格に関心を持ってもらう必要があります。

このようなサイトを使う男性の多くは性的な刺激を求めていることもあり、「アダルトな話はしません」「でも自分は男性と話がしたいです」などという姿勢を出してしまえば魅力がなくなってしまいます。
そのため、プロフィールなどに自分の考え方や自分の趣味、仕事等について書き、自分がどのような人間なのか知ってもらう必要があります。

男性からのメッセージには丁寧に答えることも大切です。ノンアダルトという事は男性にとってはあまり刺激がありませんが、なぜ男性が女性に対してお金を払い、話をしたいと思っているのか、その理由を考えなければいけません。

わざわざお金を払って女性と話をするわけですから、中には「女性に話を聞いてもらいたい」「女性と話がしたい」などと考えている人も多く、

たとえノンアダルトであったとしても、リアルでは経験できないような会話を求めていることが多いです。
そのため、男性からのメッセージには敬語を使い、丁寧に返信することもノンアダルトでチャットレディーを楽しむヒントの1つです。

一方で、自分はどこまでできるのかきちんと線引きすることも大切です。チャットレディーとしてノンアダルトで楽しんでいれば、男性から「裸を見たい」などと言われることもあるでしょう。

そのような時、きちんと自分で線引きをして「それはしない」と決める勇気も大切です。
自分で納得してアダルトの方向に行くなら良いですが、流されてアダルトに足を踏み入れるべきではありません。
ノンアダルトでやりたいと思うなら、自分はどこまでならできるのか、何以上はしないのか、決めておく必要があるといえます。